韓国の基幹通信社「聯合ニュース」、ポータルから退出
韓国の基幹通信社「聯合ニュース」、ポータルから退出
  • キム・ジョンウン 記者
  • 승인 2021.11.14 20:02
  • 댓글 0
이 기사를 공유합니다

ⓒ데일리포스트=이미지 제공 / DB 편집
[デイリーポスト=キム・ジョンウン 記者]ニュース提携評価委員会の今回の措置は、国民の知る権利を制約することはもちろん、国家期間ニュース通信社として連合ニュースの役割を完全に無視した決定です。(中略)納得できる根拠と基準を明確に説明しなければなりません。『連合ニュースソンギホン社長』

韓国内主要ポータルであるNAVERとDaumにニュースを供給する国家期間通信会社の連合ニュースが、過去10年間「記事型広告」を2000件以上不当配布したことが摘発され、ポータルから退出された。

12日、韓国ポータルであるNAVERとDaumは不当な方法で記事型広告を持続的に配布した連合ニュースに対し、ニュースコンテンツ連携契約を解除し、ポータルニュースを審査する「提携評価委員」が両ポータルの決定を受け入れて退出が決定した。

これにより、18日からNAVERとDaumニュースで連合ニュースの記事は完全に消えることとなった。

9月、提携評価委員は連合ニュースが広報事業チームを通じて記事型広告600件を一般記事であるかのように不当に送信したことを確認し、32日間ポータルニュース転送を中断したことがある。その後、ニュース送信を再開してからわずか2ヶ月で「退出」が決定された。

連合ニュースは「国家期間ニュース通信社の業務を制約する不当な決定であり、二重制裁である」と盛土している。

退出発表直後、 連合ニュースのソン・ギホン社長は「提携評価委員の勧告と関連した合理的な判断を促し、今回の事態に対して法的措置をはじめとする対応に乗り出す」と語った。

また「連合ニュース最高責任者として原則と中心をとって社員とコミュニケーションしながら今回の事態を賢く乗り越えるために最善を尽く」と付け加えた。

一方、連合ニュースは、1980年12月、東洋通信と合同通信など5つの通信会社などを統廃合して「連合通信」に発足した。以後1998年12月、国内外の通信社を吸収統合し、今の「連合ニュース」に使命を変えた。2003年5月「ニュース通信振興に関する法律」などを通じて国家の支援を受け、国家期間ニュース通信社として地位を得た。

年間300億ウォン規模の政府補助金で運営される連合ニュースは韓国だけでなく世界に通信員と特派員を派遣して海外取材網を構築しており、海外ニュース通信会社と供給連携をもとに国文と英文ニュースをスワップしている。



댓글삭제
삭제한 댓글은 다시 복구할 수 없습니다.
그래도 삭제하시겠습니까?
댓글 0
댓글쓰기
계정을 선택하시면 로그인·계정인증을 통해
댓글을 남기실 수 있습니다.